メヘンディ みーママ☆I like Mehndi☆ メヘンディの様子 「海外生活(107242)」
09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-11-13 (Sun)
結婚式のことをむこうでは「シャディ」と呼びます。
きのうの写真、私が中央で黄色い服を着ています。首から生花を下げて。(てるてるぼうずみたいではずかしっ!このときはパキスタンの暑さでやつれる前でした;太っ!)この「メヘンディ」の時は黄色いものを身につけるのそうです。となりは主人。(ひげぼうぼうですね;汗)茶色い服の女性は主人の親戚のおばさん。手にはお札を持っています。このお札を私達の頭の上でクルクルまわし、お祝いとしてくださいました。むこうでは、袋などに入れず現金をそのまま渡すのが一般的だということです。結婚式のスタイルなどに、やはり新旧あるそうで、私達がやったのは昔ながらのスタイルだと聞きました。自宅でやりましたが、たぶん300人くらい集まったのではないでしょうか?それでも少ない方だと思います。・・・なぜなら、この時出席したのは主人の家族、親戚、友人だけ。私側からはひとりも出席していません。もし、通常のパ人同士の結婚式ならその何倍もの人が、来るのではないでしょうか?(恐ろしい気がする・・・)この時はまだパキスタンに暮らし始めて間もない頃でしたので、言葉や食事、声の大きさ?!(むこうの人ってほんと、声デカイんです!)などに慣れていなくて、内心はけっこうドキドキしていたんです・・・。(>_<;)

それで、今日の写真。
これは、私の手のアップです。お札の上にメヘンディのペーストが乗っています。これを主人の手の平につけたり、やり方はいろいろあるようなのですが、これもこの儀式のひとつみたいです。あと、私の前に小さな台が置いてあったのですが、ここには何かのオイルが置いてありました。これは、私と主人の頭につけてました。で、私達の横に座ってこのような儀式ができるのは、”女性だけ”だそうです。
スポンサーサイト
| パキスタンで撮影 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。