メヘンディ みーママ☆I like Mehndi☆ パキスタンの美容院で 「海外生活(107242)」
05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-11-14 (Mon)
「メヘンディ」の昼間、ビューティーパーラー(美容院)で描いてもらったものです。撮影したのは結婚式が終わってから。(数日経ってます)マニキュアは主人の姪達に塗ってもらったので、かなりボロボロですね。でもむこうの人はそんなに細かいところは、まったく見ていないので、助かりました・・・(苦笑;)
美容院では、私はいすに座って、両側に店員さんが座り、わずか15分ほどでささっと描いてくれました。この時、私はまだ自分でメヘンディを描いたことはなく、本格的なメヘンディを描いてもらったのは初めてでした。「動いちゃいけない」とけっこう緊張したのを覚えています。
うさぎ/khargoshさんに教えていただいた、「メヘンディ・ナイト」。このメヘンディの前夜に施す、メヘンディのことだと思うのですが、私の場合、美容院でやってもらった、ということになるんですよね・・・。もし、あの時、自分か身内、あるいはご近所さんで上手な人が居たら、きっと自宅で「メヘンディ・ナイト」してたかもしれませんね。それで、本格的なメヘンディは、初めてだった私。美容院へ行く前に、主人から「今日美容院でメヘンディするんだって。結婚式のために」と言われ、ちょっと慌ててしまいました。だって、美容院から帰って来る時どうするの?車はなく、リキシャ(日本の人力車にバイクがくっついたような乗り物。むこうではタクシーみたいな感じ?!)に乗って帰って来なきゃいけなかったので。リキシャには一応屋根はついていて、周りも囲まれていますが、密閉はされていなくて、すきまだらけ。けっこう寒い季節だったので、「寒い中、両腕出して乗らなきゃいけないのか・・・」と心配になってしまいました。それに、このリキシャはとても乗り心地が良く?!(嫌味;)特に私が住んでいた地域は道路が舗装されていなかったので、ガタガタ道でリキシャが大きく左右に揺れるので、「乾いていないメヘンディがあちこちに付いてしまったらどうしよう・・・」とこれまた心配ばかり。
何しろ一番心配だったのは、「トイレに行きたくなったらどうしよう?」ということでした。結婚式なので、やはりメヘンディの色は濃く残したかったので、途中早いうちにトイレに行きたくなったら、指先のメヘンディなど全滅だ、と考えました。このことも美容院に行く前に主人に話して、お姉さんに聞いてもらいました。(男性なのできっと恥ずかしかったと思いますが、この時私は言葉がまったくわからなかったので・・・)答えは、「行きたくなったら、行けばいい」と。パキスタンらしい?!答えでした。(^-^)
「細かいこと考えすぎたかも・・」とちょっと恥ずかしくなりました。実際は、リキシャの中でメヘンディがグチャグチャになることもなく、家に着いて数時間後にトイレへ行ったので、結果的にけっこう色濃く残りました。結婚式の日には、かなり濃くなってました。(メヘンディって、描いてから2日後くらいが一番色が濃いかもしれません)


管理人の育児日記【みーママ日記】はこちら☆
スポンサーサイト
| パキスタンで撮影 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。